海外で人気のE-BIKE(Eバイク)とは?個人輸入する際の注意点もご紹介

E-BIKEは珍しいスポーツタイプの電動アシスト自転車で、海外でブームになっています。

この記事ではE-BIKEの特徴や個人輸入する際に気をつけたい注意点などについてご紹介します。

E-BIKEの購入を検討している人は、ぜひ読んでみてください。

E-BIKEとは?

E-BIKEは電動アシスト自転車の一つで、スポーツタイプの電動アシスト自転車となっています。

電動アシスト自転車ではママチャリタイプのものが多いですが、E-BIKEは珍しいスポーツタイプです。

スポーツタイプなので見た目がスタイリッシュで、電動モーターやバッテリーも通常のママチャリタイプの自転車よりも軽量化されています。

体力がなくても楽々

E-BIKEは電動アシスト自転車なので、体力がなくても楽にサイクリングできます。

サイクリングは体力が必要になるスポーツなので、体力に自信がない人はサイクリングに対して抵抗がある人が多いと思います。

電動アシスト自転車であるE-BIKEは、電動機によって人が自転車をこぐのを補助してくれます。

E-BIKEがあれば、体力がない人でも楽々サイクリングが楽しめます。

グループライドに遅れを取らずに参加できる

E-BIKEに乗ればグループライドで仲間に遅れを取らずにサイクリングできます。

グループライドとは、仲間同士で助け合いながらサイクリングするもので、後半に疲れてきても仲間に助けてもらうことができます。

しかし「毎回仲間に助けてもらってばかりでは気が引けてしまい参加しにくい」という人もいると思います。

E-BIKEに乗れば、電動機が自転車をこぐのを補助してくれるので、仲間に助けてもらうことなくグループライドを楽しめます。

汗をかかずに自転車通勤できる

E-BIKEは電動アシスト自転車なので、通常の自転車と違って汗をかかずに快適に自転車通勤できます。

朝の通勤の満員電車を避けるために自転車通勤をしている人は多くいますが「出勤前に汗をかくのが嫌」という人も多いと思います。

E-BIKEで通勤すれば、通常の自転車通勤と違って汗をかくことなく、出勤前から疲れることもなく快適に自転車通勤できます。

スタイリッシュなデザイン

E-BIKEはスポーツタイプの電動アシスト自転車なので、一般的なママチャリタイプの電動アシスト自転車と違ってスタイリッシュなデザインです。

E-BIKEはロードバイクタイプやクロスバイクタイプとなっています。

電動アシスト自転車が気になっていて「ママチャリは嫌」「デザインを重視したい」と思っている人におすすめです。

電動アシスト自転車の規制は国によって異なる

E-バイク

電動アシスト自転車は自転車と原付バイクの中間である乗り物であり、電動アシストに対して規制があります。

定められた速度を超えると電動アシストが自動的に停止するようになっています。

また電動アシストに対する規制は国によって異なっています。

日本の電動アシスト自転車では、電動アシストが使えるのは24km/hまでとされています。

海外では日本よりも規制が緩く、ヨーロッパでは25km/hまで、アメリカでは32km/hまで電動アシストが使えます。

アメリカでは免許を取得することで最大45km/hまで電動アシストが可能な高性能の電動アシスト自転車に乗ることもできます。

日本の道路交通法では、電動アシストに対して以下のような規制が定められていて、一つでも条件に反すると自転車ではなく原付バイクであると見みなされてしまいます。

  • 電動モーターによるアシストである
  • 24km/h未満の走行で、操縦者の力とアシストの力の比率が1:2以内である
  • 走行速度が10km/hを超えるとアシストが減り、24km/hに達するとアシストが完全に停止する仕様である

E-BIKEの日本への上陸について

E-BIKEは海外ではブームになっていますが、日本ではまだあまり販売されていません。

外国製のE-BIKEがなかなか日本に入ってこないことの原因は、日本のアシスト規制にあります。

日本のアシスト規制が厳しいせいで、外国製のE-BIKEが日本に入ってきにくくなっているのです。

ですが現在では「BOCSH」と「Shimano」という海外メーカーが日本向けのE-BIKEを開発したことにより、外国製のE-BIKEが日本で販売されるようになりました。

少しずついくつかのメーカーからE-BIKEが発売され始めています。

人気のE-BIKEを購入するなら個人輸入がおすすめ

海外で人気となっている種類のE-BIKEがほしいのであれば、海外から個人輸入することをおすすめします。

海外メーカーの「BOCSH」や「Shimano」によってE-BIKEが日本でも販売されるようになりましたが、まだ最新のモデルなどはなかなか日本で販売されていません。

そのため人気を集めている最新モデルのE-BIKEなどは日本ではなかなか購入できないのです。

海外からの輸入となると税金などがかかるので日本で買うよりも高くなってしまいますが、人気を集めている流行のE-BIKEがほしいなら海外から個人輸入するのがおすすめです。

Planet Expressなら、海外からの個人輸入を格安の輸送料と、簡単な関税申請でサポートいたします。実際にどれぐらい輸送料をお安くできるか、こちらの計算機で計算してみてください。

参考リンク:輸送料シミュレーター

E-BIKEを個人輸入する際の注意点

ebike

E-BIKEの個人輸入には、通常の商品の個人輸入にはない特徴があります。

E-BIKEを個人輸入する際に気をつけるべき注意点についてご説明します。

日本と海外の価格に注意

安さ重視でE-BIKEを購入したいなら日本で購入することをおすすめします。

基本的に日本で売られている海外製品は、現地よりも高い値段で販売されています。

そのため安く購入するために、日本で売られている海外製品を買わずに海外から個人輸入するという人が多くいます。

ですが場合によっては、E-BIKEは、現地で売っている値段よりも日本で売られている海外製品の値段の方が安くなっていることが多いのです。

その理由は、現在ではE-BIKEがまだ日本にあまり普及していなくて、テスト販売をしている段階だからです。

人気商品や最新モデルなどにこだわりがなく、E-BIKEを安さ重視で購入したい場合は、購入前に海外から輸入と日本で売られている海外製品の価格をきちんと比較して購入しましょう。

生産台数が限られていてすぐに売り切れる

E-BIKEは生産台数が限られているので、すぐに売り切れてしまいます。

ほしいものを見つけたらなるべく早く購入するのがおすすめです。

生産台数が限られているため、ネットビジネス目的で大量に仕入れたいという人は、売れ筋のE-BIKEを見つけても大量に購入することはできません。

まとめ

E-BIKEは電動アシスト自転車なので楽々サイクリングが楽しめます。

スポーツタイプの電動アシスト自転車なので、一般的なママチャリタイプの電動アシスト自転車と違って見た目もスタイリッシュです。

E-BIKEを購入しようと思っている人は、ぜひここでご紹介した購入における注意点を参考にしてみてください。

0/5 (0 Reviews)