グラボ(グラフィックボード)をアメリカから個人輸入|お得な方法
グラボ

グラボはパソコンを構成するパーツ一つで、GPUというチップで映像処理をするものです。

高グラフィックスのゲームやデザインソフトを使用するのに必要なパーツです。

グラボは日本で買うよりもアメリカのアマゾンから買った方が安く買えるのでお得になります。

この記事ではグラボについて紹介するとともに、グラボのおすすめ商品をご紹介するのでぜひ見てみてください。

グラボとは?

グラボとはグラフィックボードの略です。

パソコンを構成するパーツの一つで、搭載されているGPUというチップで映像処理を専門的に行うパーツです。

グラフィック機能はCPUやマザーボードにはすでに搭載されています。

しかし高グラフィックスのゲームやデザインソフトを使用するにはグラボが必要になります。

グラボはアメリカアマゾンでお得に買える

グラボは日本で買うよりもアメリカのアマゾンから買う方が安く買えるのでお得です。

アメリカのアマゾンから買う場合は個人輸入することになるので、商品の代金の他に配送料や輸入関税などがかかります。

しかしグラボをアメリカのアマゾンから買う場合、配送料や消費税などを入れても、日本で買うよりも1~3万円も安くなります。

購入したいグラボのモデルについて、日本のアマゾンとアメリカのアマゾンとでかかる総額を比較検討してから購入するのがおすすめです。

新製品のグラボもアメリカのアマゾンから輸入する方がお得

とくに北アメリカのグラボ市場は、規模が大きいので、新製品であっても安く売っています。

北アメリカの市場では大量のグラボを販売できるので、新商品でも安く売ることができるのです。

アメリカのアマゾンからグラボを購入する場合は、配送料、輸入関税、消費税を合わせても、ほとんどの場合は日本で買うよりも数万安くなります。

配送料は発送方法によってそれぞれ異なりますが、一番早い配送方法を選でもそこまで高くなりません。

日本のグラボ市場では、国内販売輸入代理店の経費が上乗せされた値段で売っています。

上乗せされる経費は、新製品のグラボで15%~が基準となっています。

このように日本で販売されているグラボの値段は高いので、アメリカのアマゾンなどから個人輸入して安く済ませている人はたくさんいます。

マウス

グラボの個人輸入に関する疑問へ回答

グラボの個人輸入に関する疑問について回答していきます。

アメリカのアマゾンからグラボを輸入する際の送料や関税は確認できる?

アメリカのアマゾンからグラボを購入する際に、配送料、輸入関税、消費税を含めた総額は、アメリカのアマゾンの購入確定ページで確認できます。

グラボを購入した際のおおよその配送料、輸入関税、消費税をドルや円で確認することが可能です。

ショッピングカートへグラボを追加してチェックアウトへ進むと購入確定ページに切り替わり、確認できます。

輸入関税など前払い金などの返金はある?

アメリカのアマゾンから購入する場合には、輸入税などの前払い金を支払う必要があります。

アメリカのアマゾンが発送する前に自動で計算して徴収する、「Import Fees Deposit(輸入税等前払金)」には、輸入する時に発生する関税、消費税、手続き手数料などが含まれています。

このようなものを余分に払った場合は、購入してから約2カ月後に返金してもらえます。

アメリカのアマゾンから購入する際にクレジットカードを利用した場合、輸入関税などを余分に引かれたら、利用したクレジットカードに返金されます。

キーボード

アメリカのアマゾンからグラボなどのパソコンパーツを購入したら関税はかかる?

アメリカのアマゾンからグラボを購入した場合は、大抵輸入関税はかかりません。

しかし消費税や手続き手数料はかかります。

パソコンなどの関税がかからないものには、課税価格に対して消費税や地方消費税(合計で8%)のみが課税されます。

おすすめのグラボ3選

おすすめのグラボを3つご紹介します。

エントリークラスのグラボから、4Kに対応している次世代のグラボまで幅広くご紹介します。

グラボの購入を検討している人は、参考にしてみてください。

ZOTAC GAMING GeForce GTX 1650 SUPER Twin Fan

エントリークラスのグラボです。

  • 最新パソコンゲームをフルHDでプレイできる
  • 標準から高画質設定でプレイできるグラフィック性能
  • GTX 1650を30%上回るグラフィック性能
  • 希望小売価格159ドル~とコスパが良い
  • 全長158mmのショート基板
  • Turing世代の高画質なNVEncが搭載

SAPPHIRE PULSE Radeon RX 5600 XT

2020年の最新フルHDゲーミングにぴったりなグラボです。

  • 最新パソコンゲームをフルHDでプレイできる
  • 最高画質設定でプレイできるグラフィック性能
  • 前世代ミドルクラスRX 480やGTX 1060を50%以上上回るグラフィック性能
  • GTX 1660 Tiを上回り、RTX 2060と並ぶくらいの性能
  • ノイズレベル35dB未満と優れた静音性
  • HDMI×1&DP×3で計4基のビデオ入力を搭載

GeForce RTX 2060 SUPER Founders Edition

ハイFPSゲーミングの入門におすすめのグラボです。

  • 最新パソコンゲームをフルHDでプレイできる
  • 最高画質設定でプレイできるグラフィック性能
  • GTX 1070やGTX 1080も上回るグラフィック性能
  • 終売になったRTX 2070と同等の性能で100ドル安い
  • 2スロット占有GPUクーラーでは高い静音性
  • Virtual Link対応のUSB Type-Cビデオ出力が搭載
  • 228mmのショート基板でパソコンIEブラケットと同じ大きさ

GeForce RTX 2080 SUPER Founders Edition

4Kに対応している次世代ハイエンドグラボです。

  • 4K/60FPSやフルHD・240FPSにぴったりなハイエンドGPU
  • 前世代最上位のGTX 1080 Tiを15%上回るグラフィック性能
  • 終売になったRTX 2080から1割弱高速に
  • 2スロット占有GPUクーラーにしては高い静音性
  • Virtual Linkに対応しているUSB Type-Cビデオ出力が搭載

まとめ

この記事ではグラボについて紹介するとともに、グラボのおすすめ商品をご紹介しました。

グラボはパソコンを構成するパーツ一つで、GPUというチップで映像処理をするパーツです。

高グラフィックスのゲームをプレイしたり、高グラフィックスのデザインソフトを使用するのに必要になります。

グラボは日本で買うよりも、アメリカのアマゾンから個人輸入して買った方が安く買えるのでお得です。

グラボの購入を考えている人は、ぜひこの記事でご紹介した内容を参考にしてみてください。

0/5 (0 Reviews)